JA太田市は群馬県の東部、太田市内の旧太田市地区と藪塚地区を管内とする農業協同組合です。

 
太田市農業協同組合
〒373-0032
群馬県太田市新野町320番1
TEL.0276-32-8211
FAX.0276-32-8201
qrcode.png
http://ja-ota.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 

農業と食育

 

農業と食育

農業と食育
 
営農事業
○○○○○○○○イメージ
「JAは農家の応援団!」

   食料自給率の向上と消費者が求めてる美味しくて安全・安心な野菜などの農産物の作り方や農業後継者の育成などの相談に応じています。〈営農指導〉
   こうしてできた野菜を農家が1軒ずつ販売するのは大変。そこでJAは市場や消費者動向を見ながら、計画的に市場や直売所に販売しています。〈販売事業〉
   米や野菜などの農産物を栽培するのに必要な肥料や農薬、ハウスの材料、家畜のエサなど、また生活に必要な品物を販売しています。〈購買事業〉
 
○○○○○○○○イメージ
                            「地域に根ざした食農教育」

   次世代を担う児童に対し、農業生産の大切さや「食」を通じた自然との共生など食農教育に支援しています。
   また学校給食に「顔の見える安心・安全な地元農産物」の利用促進に向けた運動を展開するとともに、安定供給に取り組んでいます。
 
その他の取り組み
○○○○○○○○イメージ
『地産地消』ってなんだろう?

  「地産地消」とは、「地域で生産された農産物を地域で消費する」ということです。食の安心・安全、健康や食生活に対する関心の高まりを背景に注目されています。
  「地域の伝統的な食文化を守り、食を中心にライフスタイルを見つめ直そう」という『スローフード』等の運動も全国的に広がりつつあり、市民の地産地消に対する関心やニーズが高まっています。
   農産物は、輸送・情報通信技術の進歩により、国内はもとより世界各国から消費者に届けられ、消費現場である「食」と生産現場である「農」の距離が拡大されました。
   さらに、近年における食の安全・安心を脅かす問題(BSE、無登録農薬等)の発生は、食の安全・安心に対する不信という心理的距離をも拡大させています。
   こうした中で、食と農との距離を縮めて「顔の見える関係」を構築し、消費者と生産者の相互理解を深めることがとても重要視されています。
022449
<<太田市農業協同組合>> 〒373-0032 群馬県太田市新野町320番1 TEL:0276-32-8211 FAX:0276-32-8201