本文へ移動

ほうれん草

群馬県ではほうれん草の生産が盛んで、2020年には初めてほうれん草出荷量が2万500tで全国一位になりました。
この出荷量は全国のほうれん草出荷量の11%に及びます。

特にJA太田市管内は群馬県内でも栽培が盛んな地域です。

JA太田市管内ではハウス栽培を中心に年間を通して安定的に生産しています。
ほうれん草は播種から収穫までにかかる期間が他の農作物に比べて短く、冬の栽培で約2ヵ月~3ヵ月、春・秋栽培では約1ヵ月~1ヵ月半となっています。そのため多くの農業者が周年栽培で4回生産に取り組んでいます。


ほうれん草の特徴
 JA太田市管内の恵まれた土壌と熟練の栽培管理の下で育ったほうれん草は緑が濃く、葉肉の厚みがあります。
 栽培努力によって他の産地と比べるとアクが少なく、6月と9月に採れるハウスのほうれん草はサラダでも食べることができます。また、ほうれん草は鉄分、ビタミン、ミネラルともに多く含まれ、栄養的価値に優れています。
 
旬の時期
 1月~6月、9月~12月

出荷の最盛期
 10月~2月
0
4
6
0
1
7
太田市農業協同組合
〒373-0032
群馬県太田市新野町320番1
TEL.0276-32-8211
FAX.0276-32-8201