本文へ移動

おすすめレシピ

レシピ

沢野地区女性会オススメ!のり餅
「JAおおたし」2022年12月号(No.273)掲載
沢野地区女性会の会員が毎年作っているおもちのレシピを田部井会長に教えていただきました!
お餅は杵や臼でつく以外にも餅つき機やホームベーカリーを使うことで、より手軽に作ることができます。
このレシピでは餅つき機で作ることを想定しております。

 材料 

・もち米:1升
・里芋(中くらい):2個
・いりごま:70g
・青のり:13g
・砂糖:70g
・塩:25g
・タンサン:7g
・餅とり粉:適量

 作り方 
(下準備)
餅つき機に蒸す機能がない場合は下記手順でもち米を蒸しましょう!

1.もち米を研ぎ、水に一晩(12時間くらい)浸す。
2.もち米をザルにあける。蒸し器の上の鍋に固く絞った蒸し布を広げ、もち米を入れてから、はみ出た布を米の上に被せる。この時もち米は中央を少しへこませる。
3.蒸し器の下の鍋の水が沸騰したら一旦火を止め、上の鍋を乗せてフタをしてから30分程蒸す。
4もち米の準備が出来たら、もちつき機でもちをつく。

(作り方)
1.里芋の皮を剥き、ぶつ切りにしてもち米と一緒に蒸す。
2.蒸し上がったもち米と里芋を餅つき機に入れ、餅になったところへ塩とタンサンを入れ、さらに青のり・いりごまを2~3回に分けて入れる。最後に砂糖を入れる。
3.台の上に敷いたラップ等の上に餅とり粉を撒き、餅を乗せて、ラップでくるんで成型をする。
4.のし餅と同じように切る。
焼いて食べるならこの時点で完成!!

揚げ餅にするなら…
6.薄く切る程(0.5mm前後)大きく広がるので陰干しにしてカラカラにする。
7.冷たいサラダ油の中へ干したのり餅を入れ、中火できつね色になるまで揚げて完成!
 サクサク、パリパリでとてもおいしいです

※お餅をつく時間等はご家庭の餅つき機やホームベーカリ―の基準を参考にしてください。
1
5
2
3
3
3
太田市農業協同組合
〒373-0032
群馬県太田市新野町320番1
TEL.0276-32-8211
FAX.0276-32-8201